【ユニバーサルスタジオジャパン公式アプリ】待ち時間を知ってUSJをおトクに遊び尽くそう!

大阪を代表するテーマパークと言えばUSJことユニバーサル・スタジオ・ジャパン。
今や日本を代表するテーマパークの1つと言っても良い、
このテーマパークですが、2015年の世界のテーマパークランキングで、
入場者数が東京ディズニーシーを超えて、
世界第4位になったと発表されました。
2015年のUSJの入場者数は1390万人だったそうです。

そんな大人気テーマパークのUSJですが、
もっとお得に!便利に!楽しめるアプリがあるので、
今回はユニバーサルスタジオジャパン公式アプリをご紹介します!

ユニバーサルスタジオジャパン公式アプリのアプリ画面イメージ画像

▼ユニバーサルスタジオジャパン公式アプリダウンロードはこちら
btn_apple
btn_google

USJの魅力といえば

USJの大きな魅力の1つとしてあげられるのは、
やっぱりその豊富なタイアップなのではないでしょうか。

ここ数年、恒例化してきたワンピースプレミアムショーをはじめ、
2016年はジャンプサマーとして、
少年ジャンプからドラゴンボールZ・ザ・リアル4Dと、
デスノート・ザ・エスケープ
ユニバーサル・ジャンプ・エキシビションが登場しています。
また、妖怪ウォッチも登場し、
USJ15周年である、2016年の夏は盛り上がること間違いなしでしょう!

その前にはバイオハザードモンスターハンター
進撃の巨人エヴァンゲリオンきゃりーぱみゅぱみゅなど、
アニメのみならず、ゲームや芸能人まで幅広くタイアップをしており、
何度訪れても飽きることがありません。

また、2014年にはウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッターを、
2016年にはザ・フライング・ダイナソーをオープンするなど、
どんどんと新しいアトラクションも登場しているので、
毎年年間パスを購入する方も多く、
どんどんとファンを広げていっているようです。

USJアプリを使ってパーク内を効率良く楽しもう!

人気のテーマパークやアトラクションでは絶対に起こる問題。
それは「待ち時間」です。

優先的にライドを楽しみ、時間を短縮するためには、
ファストパスを購入すれば良いですが、
そうでない場合は1日の限られた時間をいかに有効に活用し、
たくさんのアトラクションを楽しめるかという、
時間との戦いになります。

事前にUSJの公式アプリをダウンロードしておけば、
GPS(位置情報)を利用して、現在地から各アトラクションまでの距離待ち時間
ショーのスケジュールを確認できるので、
インフォメーションボードまで行かなくても次の目的地を探すことができます!

アトラクションの待ち時間を有効活用し、
次の目的地やショー、パレードの時間をチェックし、効率良くまわることで時間も節約でき、
たくさんのアトラクションを楽しむことが可能です。

待ち時間とスケジュールが画面の切り替えで簡単に確認できるので、
とっても便利です!

USJ公式アプリには便利機能がいっぱい!

ショップやレストラン、お手洗いなどの施設の場所が検索できるので、
初めて訪れる方以外にも迷った時に地図代わりに使えるので、とっても便利です。

また「ワンダー・マネー」でお金をチャージすれば、パーク内でプリペイド式電子マネーとして使用できます。
有効期限は最後にワンダー・マネーを使った日(チャージ含む)から2年間とのことなので、
定期的に訪れる方には大変便利です。

他にもパーク内の特定の場所でアプリからARカメラを起動させると、エルモやスヌーピーなどのキャラクターが登場し、
一緒に撮影できたりします!

またClubユニバーサル(登録無料)の登録すれば、
期間限定のキャンペーンや、
お得なクーポンをアプリで受け取ることができます。

今夏USJがアツイ!!

2016年で15周年を迎えるUSJでは9/4までの期間限定で、
関西在住の方へ大人1人につき同伴のお子様1人の入場料が無料となる超お得なキャンペーンが実施されています。
また、年間パスの料金も安くなっているので、
家族で訪れてもお得に満喫することができます。

まとめ・評価

初めて訪れる方でも、リピーターの方でも事前にアプリをダウンロードしておくことで、
パークをより楽しむことができますので、
USJに訪れる方は絶対入れておきたいアプリだと思います!

アプリ名 ユニバーサルスタジオジャパン公式アプリ
編集長評価 (平均点: 5.0点)
価格 無料
(※インストール時の価格。
コンテンツの利用などは別途費用がかかる場合があります)

▼ユニバーサルスタジオジャパン公式アプリダウンロードはこちら
btn_apple
btn_google

スポンサードリンク